バンコク基本情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バンコク不動産

バンコクのエリア概要

バンコクはタイの首都でタイの最大の都市でもある。また東南アジアでは、ASEAN(東南アジア諸国連合)の中心地としても知られ、近隣のラオス、カンボジア、ミャンマーの経済の中心地として知られている。

バンコクは東南アジア屈指の世界都市である。日本の都市戦略研究所が2016年に発表した「世界の都市総合ランキング」によると、バンコクは34位で、東南アジアの中ではシンガポール、ジャカルタに次ぐ3位にランクインしている。


バンコクの気候

バンコクは熱帯地方にあるため、年間を通じて最高気温は33℃前後、最低気温は20度から25度前後で推移する。バンコクの気候は大きく3つに分かれていると言われており、雨季シーズン(5月から10月)、乾季シーズン(11月から2月)である。そして暑期シーズン(2月から5月)である。雨季はじめじめとしており気温も暑くなる、乾季は涼しく比較的に過ごしやすい、暑期に関してはカラッとした真夏のイメージである。

 

バンコクの不動産投資エリア

・ナナ~アソーク

BTSアソーク駅周辺は多数の高層オフィスビルや商業施設が立ち並んでいる。西洋・アラブ系の外国人が多く、世界各国の料理が食べられるレストランが多数点在している。アソーク駅からナナ駅間は多くの高級レジデンスが建っていて日本語対応可能な大型総合病院“バムルンラート病院”がある。昼間は旅行客相手の土産屋等がたくさん開いているが夜になるとナイトクラブ、ディスコ、バーに人が集まり、雑多で賑やかな雰囲気を醸し出している。一方で大規模な歓楽施設があり、風紀の乱れを気にする日本人の家族は敬遠する傾向がある。

・アソーク~エカマイ

このエリアはアパート、コンドミニアムなどの物件が多く、日本のスーパーや日本食のお店が多いため、最も多くの日本人が住む日本人居住区となっている。特にスクムビット通りを挟んで北側のプロンポン駅からトンロー駅の間は人気が高い。日本人学校へのバスの送迎があったり、郊外の工場への通勤アクセスが良かったりするため日本人居住地区として良好な住環境が整っている。また、スクンビット北側は新しい物件が少ないので年々増える駐在員の方にとっては貸し手市場になりつつある。家賃は比較的高め。

・エカマイ~オンヌット

エカマイ~オンヌットのエリアは日系スーパーや日本食レストランなどはまだ十分に揃っていないが、オンヌット駅周辺には近年高層コンドミニアムが建設され、新たな日本人居住区としての可能性がある。アソーク~エカマイエリアと比べると家賃設定が低いため、今後日本人居住者の増加が見込まれている。また、バンコク中心部まで2, 3駅と近いため、不動産価格が上昇している。

・オンヌット以降

“メガバンナー“、“セントラルバンナー”などの大型商業施設に加え、巨大ショッピングモール “THE BANGKOK MALL”が建設中であり、2017年の完成後も発展は続くと予想される。ウドムスック駅やベーリグ駅周辺には多くのコンドミニアムが建設中でタイ人を中心に居住者が急増している。今後はバンナー、チョンブリ地区に通勤する単身駐在員の注目を集めると予想される。

 


 

その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。また、弊社運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではタイ不動産をはじめマレーシア不動産、ベトナム不動産、カンボジア不動産の物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。