プーケット不動産市場:リゾートなどの別荘地で人気急上昇中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プーケット

プーケットの不動産投資エリア

プーケットは南国リゾートとして人気があり、ゴルフやマリンスポーツが盛んである。そのため多くの外国人観光客が訪れ、別荘として不動産を投資している。

一般的に、プーケット不動産は海に近ければ近いほど需要は高く、不動産価格は上がるようになっている。外国人だけでなくタイ人の富裕層もリゾートエリアに別荘購入をするという需要が高まっている。近年は、プーケットに訪問する中国人が年々増加している。

日本人にはまだあまり知られてはいない西海岸のカマラというエリアは、ビーチフロントの不動産購入が目立っていて、需要はタイ人と外国人で50%ずつとなる。また、新しい国際線空港ターミナルや渋滞解消のためのアンダーパス、地下鉄などのインフラ開発が進められている。

プーケットの不動産供給数

プーケットの不動産市況としては、供給数が年々上がっており、2016年には13,223戸に到達した。中古の流通戸数は増えている一方で、新規(新築の物件)の割合は2014年より横ばいとなっている。

プーケット不動産供給

(Knight Frank Thailand: Phuket Condominium Market, Thailand – 2016)

2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016
在庫 896 1,636 2,298 2,624 2,767 4,124 6,624 8,552 9,854 11,380
新規 740 662 326 143 1,447 2,410 1,928 1,302 1,792 1,843

プーケットの平米(㎡)単価

プーケットは海に囲まれている島ということもあり、「海が見える景色」と「海が見えない景色」とでは平米単価が大幅に変わってくる。ナイトフランクのレポートによると、2016年度の海が見える物件の平米単価は178,900㎡/THB(約59.4万円)、一部海が見える物件の平均単価は98,355㎡/THB(約32.6万円)、海が見えない物件の平米単価は72,817㎡/THB(約24.1万円)と、海が見える物件と見えない物件を比較すると価格が半分となる。

 

平米単価

(Knight Frank Thailand: Phuket Condominium Market, Thailand – 2016)

2011 2012 2013 2014 2015 2016
海が見える 120,540 128,700 139,680 157,450 172,569 178,900
一部海が見える 84,500 86,700 88,500 91,658 97,789 98,355
海が見えない 62,100 63,800 65,140 67,850 67,859 72,817

 

プーケットのエリア概要

プーケットとは、タイの南部のアンダマン海に面するタイ最大の島であり、約670kmの洋上に浮かぶ世界有数のリゾート地である。そのエメラルドの海と真っ白な砂浜の美しさから「アンダマン海の真珠」と呼ばれている。

プーケットはバンコクから飛行機で約1時間20分の距離にあり、バンコクにあるスワンナプーム空港またはドンムアン空港からアクセスが可能である。プーケットの面積は576㎢、人口は約38万人である(2017年現在)。

 

※本記事では1タイバーツは3.32円として計算をしている(2017年8月現在)

 


 

その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。また、弊社運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではタイ不動産をはじめマレーシア不動産、ベトナム不動産、カンボジア不動産の物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。