タイの地下鉄MRT(ブルーライン)の延長路線が開通

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイ不動産

バンコク中心部を走る地下鉄(MRT) ブルーラインの延長路線が2017年8月11日に始まった。この延伸区間の開通により、昨年8月に開業しパープルラインとタオプーン(Tao Poon)駅を乗り換え駅として接続された。

パープルラインは都心部とバンコク北西部をつなぐ高架線だ。この延長により、ブルーラインは、パープルラインと接続するタオプーン駅から、ビジネスの中心地でありBTSと接続するアソーク駅を通り、国鉄のバンコク駅をつなぐ路線となった。ブルーラインは、今回の延伸区間以外は、すべて地下鉄である。

今回の地下鉄のは、バンコク市民が待ちわびたものとなった。この延長の前は、両路線の乗り換えは、1.2kmという短い区間であるにも関わらず、無料シャトルバスで行うこととなってしまっていて、鉄道事業計画に疑問の声があがっていた。

パープルラインとブルーラインは、タイ企業のバンコク・エクスプレスウェイ・アンド・メトロ(BEM)という同じ会社によって運行されており、同じ乗車カードを使える。今回の接続により、郊外と都心のアクセス向上が期待されている。その一方、ブルーラインの一層の混雑への警戒感も高まっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。