タイには何人日本人が住んでいるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイ在留邦人数推移

海外で不動産を購入する際、自分で住むにしても、賃貸に出すにしても、気になるのが現地でどのくらいの日本人が生活しているのかという点。タイに住んでいる方の人数は年々増加している。

タイに住む日本人は「アメリカ人」「中国人」「オーストラリア人」に次ぎ4番目に多い

外務省領事局政策課による海外在留邦人数調査統計より作成

※在留邦人とは…3ヶ月以上の間、タイに長期滞在している日本人の数のこと

 

タイは日本人が、米国、中国、オーストラリアに次いで4番目に多く在留する国だ。2016年には、7万人を超えた。在留邦人数は現在まで高い割合で増え続け、2004年から見ると2倍以上増加していることがわかる。

また、国によっては永住者の割合が多い場合も多く、永住者を除く長期滞在者に限ると、タイは第3位となる。ちなみに、タイの永住者は、2016年のデータによると1,429人だ。

三ヶ月以上滞在する長期滞在者は、一般的に、ホテル暮らしとはいかず、何かしらの不動産を賃貸または購入していると考えられる。言い換えれば、タイの不動産市場には、すでに多くの日本人が関わっていることになるのだ。

特に、首都であるバンコクには、全体の6割越えの約45,000人が滞在し、チョンブリー、チェンマイが続く形となっている。バンコクの人口は、約830万人なので、200人に1人は日本人ということになる。タイでは、外国人は基本的にコンドミニアムしか買えないのだが、コンドミニアムはバンコク中心部に集中しており、結果、在留日本人はバンコクでも特に中心部に多く住んでいると考えられる。実際、バンコク中心部の駅(アソーク駅など)に行くと、日本人をとても頻繁に見る。

 

タイの不動産の法律に関しては下記ページをご参照ください。

外国人によるタイ不動産購入への規制に関する法律一覧【2017年最新版】

 

このような背景から、バンコクのコンドミニアムは、日本的なデザインが採用されていることも多く、海外では珍しいバスタブがある場合も多い。この点でも、タイのコンドミニアムはおすすめだ。

 

安定して増える日系企業数が、駐在員数を伸ばす

外務省領事局政策課による海外在留邦人数調査統計より作成

上記のグラフのように、タイに進出している日本企業の拠点の数は堅調に増加しており、2016年には、約1,800企業となっている。これは、第6位となる数字であり、非常に多くの日本企業がタイに拠点を持っている。

日本人が多く長期滞在し、且つ日系企業の海外拠点も増え続けているタイでは、これからも安定して多くの日本人が在留するだろうと予想できる。

 

タイで、日本人に不動産を貸し出すという選択肢

日本人がこんなに多く住んでいるということが、タイが日本人にとって住みやすいということを証明しているとも言えるでしょう。

具体的には、発展した電車網・日本人通訳スタッフが勤務している病院・多くの日本食レストランなどが、日本人にとって住みやすくする要素だと考えられる。

 

タイの交通網に関しては下記ページをご参照ください。

タイの不動産開発は、鉄道網の発展とともに郊外へ

不動産を購入のち、貸し出してインカムゲインを狙う方にとっては、日本人が多いということは貸しやすいということにも繋がると思われます。日本人は、日本人と取引をしたがる傾向にあると言われ、その点において、日本人が多いタイは、不動産を貸しやすい国であるということです。

 


 

その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。また、弊社運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではタイ不動産をはじめマレーシア不動産、ベトナム不動産、カンボジア不動産の物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。